陰部 臭い 検査

性病にはどんなものがある?

おりものの量が多い、スルメや魚の腐敗臭のようなな臭いがする、もしくはかゆみがあるといった場合は性器の炎症や感染症の可能性があるので性病検査をしましょう。

 

そもそもりものは

膣内の酸性を保ち、細菌が膣を通して身体に入るのを防ぐ

膣内の古い細胞や老廃物を掃除して対外に排出

膣内の清潔を保つ

といった働きがあります。

 

正常であれば透明でさほど臭いも強くありません。

 

生理前はオリモノの臭いが強くなる傾向があります。20代の頃はそこまで強い臭いはしないものの、新陳代謝が落ちる30代は臭いがきつくなると言われています。

 

性病の種類

膣カンジダ症

カッテージチーズのようなボロボロした白いおりものが増え、臭いもきつくなるのが特徴で外陰部や膣内に激しいかゆみを伴います。

 

健康な時も常在していますが、ストレスや病気で体の抵抗が弱くなると繁殖しはじめ、発症します。

 

トリコモナス膣炎

膣内にトリコモナス原虫が寄生して発症し、黄色や緑色の生臭い泡のおりものが出ます。

 

外陰部に強いかゆみやただれが見られるのが特徴です。

 

クラミジア感染症

白〜黄色粘り気があるオリモノで膿が混じっていたり下腹部痛がある場合はクラミジア感染症にかかっている可能性がありあす。

 

感染してからすぐに症状が出るわけではなく、自覚症状がないまま炎症が進行します。

 

また性交渉で感染するためパートナーも検査を受けたほうがよいでしょう。

 

細菌性膣炎

黄緑色のようなおりものが続き、腐敗臭がするのが特徴です。
体の免疫力が減ると菌が炎症を起こします。

 

痒みはありませんが赤くはれたり爛れることがあります。

 

どれもそのまま放置するのではなく、婦人科を受診したほうがいい病気です。

 

中には進行がすすむと不妊の原因になってしまうものもあります。将来的に子供が欲しいという方は手遅れにならないようにするためにも自分のオリモノに異常が見られたら検査を受けましょう。

 

 

↓陰部の臭い消し用ソープなら↓

『ロンタル ハーバル ジェルソープ』でニオイ・黒ずみをシャットアウト!

ホーム RSS購読 サイトマップ